Wi-Fi子機が故障。余っていたWi-Fiルータを中継器として使う。

     

インターネットにつながらない。You're not connected to a network

サポート・作業内容

広島市南区へ訪問サポート。以前から、ネットワークが不安定。繋がったり切れたりを繰り返し、遂にまったくインターネットが繋がらなくなったとご連絡いただき訪問。

インターネットが繋がらくなった原因

BUFFALO Wi-Fi 子機

お客様の環境は、デスクトップPCにBUFFALOの無線子機を接続して、インターネットをされていました。原因は、このWi-Fi子機の故障。まったく反応なし。USBポートを変更しても、動作しません。念のために、別のPCへ接続しましたが、結果は同じ。繋がったり切れたりを繰り返していたので、症状が出ていたのかもしれませんね。

BUFFALO WHR-1166DHP

BUFFALO WHR-1166DHP Wi-Fiルータ

親機から、PC設置場所まで距離があるので、LANケーブルでは不可。工事すれば別ですが・・・。Wi-Fi子機を用意するしかないと思っていたとき、以前使用されていたWi-Fiルータ「BUFFALO WHR-1166DHP」を発見。

このWi-Fiルータは、中継器として使用することができます。本当に助かりましたよ。子機を買いに走らないといけないかと思っていたので・・・。

設置場所は、デスクトップPCの側。LANケーブルで接続します。

BUFFALO WDS 中継

管理画面から、「無線設定」の「WDS」で設定します。周辺のWi-Fiスポットが表示されます。お客様の親機のSSIDとパスワードを確認して接続します。

WDSとは

WDS」とは、Wireless Distribution Systemの略です。 無線アクセスポイント同士の 通信を可能にする機能です。 複数のアクセスポイントを 利用して、ホームネットワークをさらに広げることができます。「 WDS」には、「LAN間接続」と「リピータ」の2つの機能があります。

この機能を使えば、繋がりにくい場所などへ中継器として設置すれば、ネットワークが安定するかもしれません。あと、全ての機器に対応しているわけではないのでご注意下さい。

設置、設定後のインターネットですが、以前に比べて安定しています。速度も早くなったそうです。