Synology DS215jを使って、社内ファイル共有とバックアップ。

     

Synology DS215j WD Red

広島県安芸郡へ訪問サポート。

トラブル内容

社内で共有しているファイルを開くのに、とにかく時間がかかり反応が悪い。時には編集したファイルを保存できないなどトラブルが発生。

環境

I-O DATA HDLS2-s NAS

パソコンは全部で8台。有線と無線で接続。LANハブ (100Mbps/10Mbps) 3台。複合機 1台。NAS (IO-DATA HDLS2-s) 1台。

どの位遅いのか確認する為、有線LAN、無線LAN接続のPCで共有フォルダ内のファイルを開いてみる。お客様のおっしゃる通り、両方の接続で反応が悪い。ファイル転送もとにかく遅い。

LAN Hub

LANハブは全てプラスチック製。熱がかなりこもっていました。一部動作不良のポートもありました。安定性を考えて、LANハブを放熱性の優れた金属製に交換。不要なLANもありましたので、取り外しておきました。

NAS交換 設置と設定

I-O DATA HDLS2-s NASからSynology DS215jへ交換です。

Synology DS215j WD Red 組み立て

事前に組み立て、DSMのインストール、アップデートや設定を済ませてからお届け。HDDは、定番のWestern Digital Redを使用。容量は1TB。

共有フォルダ、ユーザーアカウントを以前の環境とまったく同じに構築しておけば、後々楽。

後は、今まで保存したデータを移動させるだけ。データ量は、300GB。これが一番時間がかかるので、設定を済ませて後日再訪問。

Synology DS215j 導入後

お客様から、快適になったと喜ばれました。まず、ファイルを開く時間の短縮。レスポンスが早くなり、作業効率アップ。データ転送も以前より高速化。保存にかかる時間を大幅に短縮することができました。

Synology DS215j デモサイト

こちらで、機能やアプリケーションなどを確認できるので、気になる方はチェックしてみて下さい。

DSM5.2をPC、仮想環境にインストール

DSM 5.2 を簡単にお手持ちのPC、VMWare、Hyper-Vへ直接インストールすることも可能です。