ノートンが原因で、Internet Explorerが起動できない。

     

ノートンが原因で、Internet Explorerが起動できない。

広島市安佐北区へ訪問サポート。

作業内容

Internet Explorerを起動させると、「Internet Explorerは動作を停止しました」と毎回表示され、使用できない状態。

症状と診断

症状は、動作を停止しましたと表示され、「プログラムの終了」をクリックしても、Internet Explorerは終了することなく、繰り返し「Internet Explorerは動作を停止しました」と表示される。完全に止めるには、Internet Explorerの右上の×をクリックして終了させるしかありません。

ここからでは、IEのオプションを確認することができないので、コントロールパネルから「インターネットオプション」から確認。

症状が改善するか試したこと

閲覧の履歴の削除。下記3か所にチェックを付けて削除。

  • インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル
  • クッキーとWebサイトデータ
  • 履歴

アドオンの管理

現在読み込まれているアドオンと許可なしに実行を確認。不要と思われるプラグインの無効化

  • よくエラーを起こすYahoo!関連のプラグインを無効化

最終手段

  • Internet Explorer の設定を既定の状態にリセット

これは、本当に最終手段です。お勧めしません。リセットしても、今回の症状では解決できないと思います。

結果

まったく効果なし・・・。エラーの原因がわからないので、対処もできない。こんな時は、エラーログを確認。

「イベント ビューアー」でエラーが発生している原因を確認することができます。

ノートンが原因で、Internet Explorerが起動できない。

原因は、「ノートン」でした。エラーを起こしているファイルは「IPSEng32.dll」です。ノートン関連のアドオンを無効にしても効果ありません。

ノートンが原因で、Internet Explorerが起動できない。

対処方法は、「ノートン」 本体を削除するか、別のブラウザを使用する。試していませんが、読み込まれている拡張ファイルのフォルダをリネームして、バージョンを変更させる方法もあるようですが、後々トラブルの原因になるかもしれません。

バグですので、後々アップデートで解決されると思うので、それまで別のブラウザを使用することになりました。削除すると、インストールするの面倒ですしね。

Google ChromeにIEで使用されていた「お気に入り」をインポート。起動時に表示されるページをIEで設定されていたページと同じ状態にして動作テスト。お客様に確認していただき、作業完了です。