Outlook オフライン作業からオンライン作業に切り替わらない。

Microsoft Outlook 2016 オフライン作業

ご依頼内容

広島市安佐南区へ訪問サポート。トラブル内容は、Outlookでのメールの送受信が出来たり出来なかったりする。オフライン作業のままで、ボタンを押してもオンライン作業に切り替わらない。

Outlook 診断

Outlook 2016でのトラブルです。使い始めた頃は、問題なくメールの送受信できていたようですが、何かの拍子にオフライン作業のままなり、メールの送受信が不可能となりました。何かの拍子とは、アップデートや強制終了など。原因は様々です。

この場合によくあるトラブルとして、メール内容を保存しているデータベース。デフォルト設定ですと、[マイドキュメント]の[Outlook ファイル]に保存され、拡張子が、[pst]形式のデータファイルになります。

データファイルが破損している状態の時によくあるトラブルです。修復すれば、元通りになるはず。さっそく修復ツールを使って、直してみましょう。

[SCANPST] Microsoft Outlook 修復ツール

SCANPST Microsoft 修復ツール

Officeをインストールしたフォルダの中にMicrosoft Outlook 受信トレイ修復ツールがあります。見つからない場合は、[SCANPST]で検索すると出てくると思います。

使い方はいたって簡単。作業前に、元となるデータをバックアップしておきましょう。念のためです。では、[参照]から[マイドキュメント]の[Outlook ファイル]から修復したい[pst]ファイルを指定して、[修復]をクリックすれば、診断と修復をしてくれます。

Outlookを起動させてみる

データファイルの容量にもよりますが、数分で完了しました。Outlookを起動させて動作確認。

ボタンは、オフライン作業のままでしたが、クリックしてみるとオンライン作業に切り替わり、メールの送受信もできるようになりました。数週間使用できなかったので、大量のメールが流れ込んできましたが、問題は解決。

その他の作業

メールトラブル以外に、2台のパソコンでデータファイルのやり取りがしたいとお客様からご要望がありましたので、共有フォルダを作成。

セキュリティソフトが最近、検知・駆除したファイルがあるから見てほしいとのことで、確認。

ログには、ランサムウェアの表記が・・・。感染してたら、暗号化されて大切なデータファイルが開けなくなっていましたからね。ただ、このランサムウェアの[LOCKY]は、複合化する為のツールがあったと思うけど、感染する前にセキュリティソフトが検知してくれてよかったよかった。