ネットワークHDD BUFFALO NAS アクセスできない。

ネットワークHDD BUFFALO NAS アクセスできない。

広島市西区へ訪問サポート。

トラブル内容

NAS内のデータを整理中に誤って必要なデータを削除。それだけではなく、その他のデータもなぜか全て削除されてしまった。その後、NASへアクセスできなくなった。消えてしまったデータを救出できるか診断依頼。

BUFFALO NAS 分解

ネットワークHDD BUFFALO NAS アクセスできない。

5~6年使用されたBUFFALO NASです。

HDDの診断が必要でしたので、本体前面の下側2本のネジを外せば、全面のパネルを取り外すことができます。簡単です。

RAID仕様の為、NAS内に2台のHDDが格納されています。その内の1枚を取り外し、USB接続へ変換。

診断作業と修復

USB変換してWindows PCへ接続してもフォーマット形式が違う為、開くことができません。こんな時はLinuxを使用します。

調べてみると、パーテーションの破損によるものでした。当然、OSが組み込まれているパーテーションへアクセスできない為、起動不可。

物理破損ではなかったので、とにかくパーテーション修復。注意しながら調べて、元通りにパーテーションを直していき・・・。

NAS データ復旧

ネットワークHDD BUFFALO NAS アクセスできない。

データが格納されているパーテーションへアクセス可能となりました。肝心のデータですが、すべてゴミ箱内に保存されていたので無事。

ここから、別のNASへデータを移動させるわけですが、データの容量は450GB以上。すぐに移せる量じゃありません。

移行環境を整え撤収。一部機材はそのまま。後日お伺いして機材を回収。データの移行に1日半かかりました。

おわりに

NASもいつ壊れるかわかりません。データは二重でバックアップされていますが、パーテーションが破損してしまうと復旧可能な場合と、復旧不可の場合があるので、安心できませんね。

こんかいのNASですが、5年以上使っています。毎日ハードディスクへの書き込みと読み込みを行うので、当然劣化してしまいます。

数年に一度、ハードディスクを丸ごと交換したほうがいいでしょう。あとは、耐久性のあるハードディスクに交換しましょう。