Windows10 2022年1月のアップデートでVPNが繋がらない。

Windows10 VPN 接続エラー
目次

IPSec VPN

Windows10 2022年1月のアップデート適用後、L2TP/IPsec VPN接続ができなくなりました。接続時のエラー内容は「リモートコンピューターと最初にネゴシエートするときに、セキュリティ層で処理エラーが検出されたため、L2TP接続に失敗しました。」

Windows10 KB5009543

Windows10 KB5009543

今のところ解決策として適用したセキュリティアップデートをアンインストールする方法しかないようです。

Windows11でも同様の症状が出ているようです。Windows11の場合は、KB5009566適用後からVPN接続できなくなるようです。

KB5009543 アンインストール

Windows10 KB5009543 アンインストール

スタートボタンを右クリックして「Windows PowerShell (管理者)」を起動させて、下記のコマンドをコピペして実行。

Windows10の場合

wusa /uninstall /kb:5009543

次のWindowsソフトウェア更新プログラムをアンインストールしますか?と聞いてくるので「はい」を選択してアンインストールします。アンインストールが終わるとPCを再起動しますかと聞いてくるので、再起動させましょう。

ただし、セキュリティアップデートですのでアンインストールすることは望ましくありません。L2TP/IPsecを止めて別のVPNに移行する方がいいかもしれません。OpenVPNであれば、KB5009543適用後も正常に接続できることを確認しました。

Windows10 VPN 接続エラー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる