ASUS RT-AX3000のVPN機能を使ってテレワーク。

NEC Aterm WH832A ASUS RT-AX3000
目次

ASUS RT-AX3000 VPN構築

広島市東区へ訪問サポート。メガエッグからレンタルしているNEC Aterm WH832A とASUS RT-AX3000を接続してVPNの設定を行ったが二重ルータになり正常に動作しないとご連絡をいただきました。

二重ルータ

この環境ですと両方がルータとして機能しているのが問題です。通信速度が遅くなったり、接続が安定しなかったりします。ASUS RT-AX3000をブリッジとして接続した場合、DDNSが機能しません。この方法も解決策になりません。

ですので、NEC Aterm WH832Aの設定を変更することで解決できます。

NEC Aterm WH832A

設定を変更するのは、「PPPoEブリッジ」の有効化。次に、ASUS RT-AX3000のWi-Fiを使用するのでNEC側のWi-Fiは全て無効化し、最後にDHCP機能を無効化します。

順番 (NEC Aterm WH832A)

  1. PPPoEブリッジの有効
  2. Wi-Fi の無効化
  3. DHCPの無効化 (IPアドレスはそのまま 初期値:192.168.0.1)

LANの接続ですが、NEC Aterm WH832AのLAN1~4のどれかにケーブルを接続。そのLANケーブルを、ASUS RT-AX3000のWANに接続します。

ASUS RT-AX3000

NECの設定が終わったら、ASUSのルータにログイン。設定時のIPアドレスは、192.168.50.1。二重ルータの警告は消えていると思います。続けて、プロバイダ情報の登録を済ませます。

ASUS-Wireless-Router-RT-AX3000-DDNS

VPNの設定ですが、外部からアクセスする際のアドレスが必要ですので、DDNSの登録をすませます。ASUSが無料で提供しているDDNSサービスを使用します。WAN(左のメニュー)→DDNSで確認できます。

ASUS RT-AX3000 VPN

ASUS-Wireless-Router-RT-AX3000-IP-Sec

VPNの設定は公式サイトをみた方が確実だと思います。Windows10では、レジストリの修正が必要になります。ファイアウォールの設定は不要です。

IPSecまたはOpenVPNを使うことをお勧めします。PPTPはやめておきましょう。

設定後に動作確認を行いましたが社外からNASへアクセスできることを確認しました。

光電話ですが、こちらも発着信できることを確認しました。

NEC Aterm WH832A ASUS RT-AX3000

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる