セコム 監視カメラレコーダー DV-R0830のHDD交換

セコム DIGITAL VIDEO RECORDER DV-R0830

サポート概要

広島市安芸区へ訪問サポート。トラブル内容は、セコム 監視カメラレコーダー DV-R0830のハードディスクに異常があるとログに記録され、監視カメラの映像を録画ができない状態です。

セコム DV-R0830分解

セコム DIGITAL VIDEO RECORDER DV-R0830 HDD交換

分解は非常に簡単。計6本のネジを外すだけ。両サイドに各2本。後面に2本です。

故障したハードディスクは、HITACHI製で容量は500GBになります。

交換用のハードディスクは、WD Green 500GBを用意しました。容量は1TBでも問題ないと思います。

交換後は、システムなどのインストールは不要です。ハードディスク交換のみで完了。早速起動させてみましょう。

DV-R0830 初期設定

DV-R0830を起動させたら、交換したハードディスクを監視カメラの映像を録画できるように設定します。メニューからハードディスクをフォーマットするだけです。

セコム DIGITAL VIDEO RECORDER DV-R0830 HDD初期化

フォーマットする際に、管理者パスワードが必要になるので用意しておきましょう。デフォルトパスワードは「4321」です。もし、管理者パスワードがわからない場合は、試してみてください。

リースの場合は、無償交換してくれると思いますが、今回はリース終了後の一括買取。メーカー修理に出した場合の見積もりは6万円を超えていました。

PCサポートフィールドでは、ハードディスク本体、訪問料、交換料、設定料を合わせて25,000円で修理できました。