NEC LS550/E HDDからSSDへ換装。

NEC LS550/E HDDからSSDへ換装

サポート内容

広島市安佐北区へ訪問サポート。作業内容は、購入してから7年以上経過しているNEC LS550/Eのハードディスクが、いつ故障するか心配。故障してしまう前に交換してほしいとご連絡をいただきました。

HDDからSSDへ換装前に

交換用のSSDはお客様が用意されていました。SSDはCrucial MX500。容量は500GBになります。

どうせ交換するなら高パフォーマンス、高耐久、省電力で動作するSSDがいいですよね。

クローン化

Crucial SSD MX500 クローン化

以前の環境をそのまま引継ぎたいとお客様のご要望により、クローン化作業を行いました。クローン化してしまえば、SSDへ交換後もOS、インストールされたアプリケーションや設定、保存した個人で作成されたデータはそのままです。パーテーションで切り分けている場合でも、調整すれば問題ありません。

クローン化を行う際には、元となるハードディスクが元気な時がいいです。劣化して異常が出ているハードディスクでクローン化すると正常に動作しない場合があります。一部のエラーであれば修復することも可能です。

換装

NEC LS550/E ハードディスク

NEC LS500/Eのハードディスクは、バッテリーを取り外せば確認できます。ネジ2本で固定されているので、外してハードディスクを上へ引き上げます。

ハードディスクの厚み(9.5mm)と今回交換するSSDの厚み(7mm)が違うので、SSDに同梱されているスペーサーを取り付けて、パソコンへ戻します。スペーサーなしだと、ネジの長さが足りないのでSSDを固定できません。

SSDへ換装後の動作確認

電源投入からWindows ログイン画面が表示されるまで、約15秒という速さです。以前のハードディスクだと、Windows ログイン画面が表示されるまで約4分程かかっていました。体感できるほど早くなりましたよ。

古くなったパソコンでも捨てるのはもったいないと思う方は、ハードディスクからSSDへ交換するのもいいかもしれません。ちょっとしたアップグレードでまだまだ活用できると思います。