古くなったPCを高速化。HDDからSSDへ交換。

     

富士通 LIFEBOOK AH700 LIFEBOOK AH53

サポート・作業内容

広島市南区へ訪問サポート。富士通 LIFEBOOK AH700と富士通 LIFEBOOK AH53のハードディスク交換作業と、OSの再インストールです。

LIFEBOOK AH700

富士通 LIFEBOOK AH700

2010年モデルのPCになります。そろそろハードディスクに問題が出てくる可能性があるので、使用できなくなる前に、交換となりました。

ただ、ハードディスクからハードディスクへの交換ではなく、SSDへの交換をご提案。保存容量は今より少なくなりますが、パフォーマンスアップできます。交換前の状態で、使用量は100GBいかない程度でしたので、256GBのSSDで足りると思います。

SSDへ交換する前に、リカバリメディアを作成しているか確認しましょう。交換後に、リカバリメディアで工場出荷時の状態に戻す必要があります。

確認すると、未作成でしたのでDVDを10枚用意して作成開始。この作成が結構手間・・・。それも10枚ですから2時間程かかりました。昔が懐かしい!PC買えば付属品として同梱されてましたからね。

交換は至って簡単。もとのハードディスクと入れ替えるだけです。ただ、SSDの厚みが足りないので、マウンターとSSDの間にクッション材を入れておきます。

あとは、リカバリメディアの入れ替え作業です。リカバリ領域を復元し、OSセットアップがデフォルトで32bitなので、インストールが終わったら、一度初期化して64bitで再インストール。最初から選ばせてくださいよ・・・ほんと。

富士通 LIFEBOOK AH53

富士通 LIFEBOOK AH53

LIFEBOOK AH53は、ハードディスクからハードディスクへ交換です。ハードディスクは、現在使用中のものよりも高速なものを選択しました。初期OSがWindows8なので、そこまで古くありませんが、ついでに交換となりました。

こちらも同じく、リカバリメディア未作成。ですが、Blu-rayに対応していたので、一枚で出来上がります。それでも、一時間程かかりますが途中交換がないので、他の作業に集中できます。

富士通 LIFEBOOK AH53 OS再インストール リカバリ

作成したリカバリメディアをセットして、工場出荷時の状態に戻します。Windows8でしたので、Windows8.1へアップグレードしておきました。

初期セットアップを済ませ、セキュリティソフトをインストールして作業完了です。