動作しなくなったハードディスクの診断と修復。焦げてる・・・。

     

動作しなくなったハードディスクの診断と修復。

広島市東区へ訪問サポート修理。

作業内容

パソコンが急に起動しなくなり、ハードディスクに保存している2008年~現在までの写真がどうしても必要。原因の調査と修復のご依頼です。

PC診断

PCの電源を入れて、動作確認。BIOSは問題ないのですが、ハードディスクを認識していない。

メモリなどはまったく問題なし。

 

ハードディスク診断

PCからハードディスクを取り外して調査。ではでは、電源投入。

うん・・・?あれ?全く反応なし!電源自体入らないじゃないですか。そりゃ認識しないよ。

少し分解してみる。

PCからハードディスクを取り外して調査。ではでは、電源投入。  うん・・・?あれ?全く反応なし!電源自体入らないじゃないですか。そりゃ認識しないよ。

基盤を外した瞬間、金属の焼けた匂いが鼻を突く。チップが焦げてるよ・・・。そりゃ動作しない。下手したら火事になってました。

原因がわかりましたが、すぐには修理できないので、準備して再訪問。

移植用のハードディスク

PCからハードディスクを取り外して調査。ではでは、電源投入。  うん・・・?あれ?全く反応なし!電源自体入らないじゃないですか。そりゃ認識しないよ。

ドナーを用意しました。左が故障しているハードディスク。右が移植用のハードディスクです。

移植手術を終えて、電源投入。ちゃんと動作するようになりましたが、今度は論理エラーでハードディスクにアクセスできない・・・。次から次にトラブルですよ。

こちらも修復してようやくハードディスク内にアクセス出来るようになりました。

写真データ

PCからハードディスクを取り外して調査。ではでは、電源投入。  うん・・・?あれ?全く反応なし!電源自体入らないじゃないですか。そりゃ認識しないよ。

2008年~現在までの写真データは無事か!?ドキドキしながらフォルダ内にアクセス。

全て問題なし。正常に開けることを確認しました。本当によかった・・・。お客様にも確認して頂き、外付けハードディスクと、ノートPCへデータをバックアップ。

無事、ハードディスク修復完了です。

おわりに

データ量にして20GB程でした。大切な思い出を復旧できて本当によかったです。

一ヶ所に、それも長年使用したハードディスクに保存しておくのはお勧めできません。消耗品ですからいつ故障してしまうかわからないので、分散して保存した方がいいでしょう。またはRAIDで保存するかですね。