Synology DS215jからDS220jへアップグレードとHDD交換。

Synology Diskstation DS215j DS220j

サポート概要

広島県安芸郡へ訪問サポート。Synology DiskStation DS215jからDS220jへ本体のアップグレードと、5年近く稼働していたハードディスクの交換。ハードディスクはWD Redになります。

Synology 本体のアップグレード前に

本体のアップグレードを行う前に、システムを最新の状態にしておきます。環境移行中にトラブルの原因になってしまう可能性があるので、アップデートしていない場合は必ず行いましょう。

今回行うHDD移行の場合、Synologyのモデルによって出来たり出来なかったりします。

JシリーズからJシリーズ。または一つ上のValueシリーズであればHDD移行できますが、PlusシリーズへのHDD移行は出来ない様です。

公式サイトに挙げられている情報を載せておきます。確認しておきましょう。

ソース/デスティネーション J シリーズ Value シリーズ Plus シリーズ XS/XS+ シリーズ SA シリーズ FS シリーズ
J シリーズ O O X X X X
Value シリーズ O O X X X X
Plus シリーズ X X O O O X
XS/XS+ シリーズ X X O O O X
SA シリーズ X X X O O O
FS シリーズ X X X X X O

注:

  • j 、 se 、またはslimで終わるすべてのモデル(DS120j、DS216se、DS419slimなど)は、 Plusシリーズに属するDS620slimを除き、 Jシリーズに属します。
  • サフィックスのない、または末尾がplayのすべてのモデル(DS118、DS218playなど)はValueシリーズに属します。
  • +で終わるモデル(DS918+など)はPlusシリーズに属します。
  • xsまたはxs+で終わるすべてのモデル(DS3018xs、RS3617xs+など)は、 XS / XS+シリーズに属します。
  • SAで始まるすべてのモデル(SA3200Dなど)は、 SAシリーズに属します。
  • FSで始まるすべてのモデル(FS6400など)はFSシリーズに属します。

その他の情報は、下記のリンクから確認できます。

あわせて読みたい
DiskStation Manager - Knowledge Base | Synology Inc.common.meta_descr_for_missing_data_page

Synology HDD移行

Synology DS215j DS220j HDD移行

DS215jのハードディスクを、DS220jへ移行します。

移行後は、通常通り本体の電源を入れるだけです。注意点として、IPアドレスが変わっていると思います。「find.synology.com」や「Synology Assistant」などで、探してください。

Synology DS215j DS220j マイグレーション

マイグレーション画面が出てくるので、実行します。

本体アップグレード後

IPアドレスを固定にしていた場合は、以前の環境と同じIPアドレスに固定しておきましょう。PCの設定を変更する必要がなくなります。共有フォルダやネットワークドライブなどなど。

Synology DSM パッケージセンター

あと、DSMのパッケージセンターも確認しておきましょう。アプリケーションをインストールしている場合、修復が必要になります。

HDD交換

ハードディスクは消耗品です。大切なデータを守る為にも定期的に交換することをお勧めします。

今回の流れは、DS215jからDS220jへHDD移行をしてマイグレーション。DSMの設定を全て終わらせてからハードディスクの交換となります。交換後は、RAIDの再構築を行いましょう。

Synology Diskstation DS215j DS220j

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる