停電対策。Synology DS216jを守る為、UPS (無停電装置) を導入。

     

UPS CyberPower CP550 JP

サポート内容

広島県安芸郡府中町へ訪問サポート。作業内容は、Synology DS216jを停電から保護する為に、UPS (無停電装置)の設置とDS216jの設定です。UPSは「CyberPower」製を選びました。

UPS (無停電装置)の設置

設置理由は、電力消費量が増えてしまいDS216jを含めPCやその他の電化製品が落ちてしまう為です。ブレーカーが落ちてしまうと、必然と強制終了になってしまうので、大切なデータを保管しているDS216jのデータが壊れてしまうかもしれません。最悪の場合、ハードディスクの故障に繋がるかもしれません。NASだけではなくPCも同じことです。

そこで、停電対策としてUPS(無停電装置)を導入し、手を打つ必要があります。導入後にNASやPCに設定が必要ですが、突然の停電に対処できます。

CyberPower CP550 JP

Synology DS216j に対応しているUPSです。USBでCP550 JPとDS216jを接続します。これだけでは、まだ有効ではありませんのでDS216jにログインして設定します。

DS216j NASの設定

Synology DS 216j UPS CyberPower CP550 JP

ログイン後、「コントロールパネル」から設定します。「ハードウェアと電源」をクリックして、「UPS」タブを選択。「UPSサポートの利用」にチェックを入れれば完了です。

Synology DS 216j UPS CyberPower CP550 JP 状態確認

「デバイス情報」で接続されているUPSの情報を確認できます。上の計算だと、50分以上バッテリーで動作できる様です。バッテリー残量が残り僅かになると、DS216j側が検知して終了処理をし、正常にシャットダウンしてくれるようになります。

必須ではありませんが、いつ起こるかわからない停電。この様な対策をしておけば、大切なデータを守ってくれるだけでなくハードウェアにもいいことです。