Panasonic Let’s Note CF-SZ5 購入後のセットアップとデータ移行

Panasonic Let's Note CF-SZ5
目次

セットアップとデータ移行

広島市安佐南区へ訪問。中古で購入されたPanasonic Let’s Note CF-SZ5のセットアップ。旧PCから新PCへデータ移行とWi-Fiルータの交換。プリンタの設定依頼です。

Panasonic Let’s Note CF-SZ5

2015年に発売されたWindows10搭載モデルです。6年前のPCですが、SSDを搭載している為かサクサク動作します。あと、とにかく軽いです。持ち運びにはもってこいのPCです。

中古PCということもあり、電源を入れたらデスクトップまで一直線。初期セットアップのアカウント作成やネットワーク設定などは済んでいました。

Wi-Fiルータ交換

Buffalo Air Station AG54

年代物のBuffalo Air Station AG54からIO-DATA WN-AC1167GRV6Pへ交換。NTTのホームゲートウェイがあるので、IO-DATAはアクセスポイントとしてブリッジモードで接続します。

ネットワークスピードは、当然ですが、以前と比べて高速になります。古いルータは、ファームウェアのアップデートが提供されなくなくなり、セキュリティ修正や不具合の修正など行われなくなります。2~3年に一度はWi-Fiルータを交換したほうがいいのかなと思います。

データ移行

IDE 2.5インチ ハードディスク

データ移行元のPCはNEC製。OSはWindows XPでした。必要なデータを外付けHDDにコピーしたいのですが、動作が重すぎで操作がままならない。OSを起動させ、操作できるようになるまでに10分以上かかりました。

この状態で数ギガのデータをコピーするとなると時間がかかってしまいますし、もしかするとコピー途中で動作が止まってしまうかもしれません。

リスクを考え、ハードディスクをPCから取り出しUSB変換し、新しい環境へデータを移行することにしました。ハードディスクの規格は、SATAでなくIDEです。

アプリケーション設定

以前の環境で使用されていたメールアカウントの設定を済ませ、アプリケーションのインストールです。

  • Acrobat Reader DC
  • Zoom
  • Skype
  • Microsoft Teams
  • FireFox

最後にプリンタの設定です。プリンタはネットワーク非対応でしたので、USBケーブルを直接接続。公式サイトより最新のドライバをダウンロードしてインストール。

動作確認を済ませ作業完了です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる