Windows XPからWindows 7へ。クリーンインストール。

     

Windows XPからWindows 7へ、クリーンインストール。

広島市中区へ訪問サポート。

作業内容

初日に診断をして、7台分のOS「Windows 7 SP1 x64 DSP」を手配。後日、Windows XP から Windows 7 へ、クリーンインストール。

Windwos 7 アップグレード クリーンインストール前に

アップグレード、またはクリーンインストールする前に、PCの確認をしておきましょう。環境によっては、CPUが64bitに非対応の場合も。その他に、64bitを使用するのであれば、メモリを4GB搭載しているといいでしょう。

2GB~3GBでも可能ですが、動作に支障がでるかもしれません。例えば、メモリ不足に陥り動作が重くなる。頻繁にフリーズするなど。よく確認をしてから、アップグレードしましょう。

Windows 7 クリーンインストール

Windows XPからWindows 7へ、クリーンインストール。

DVDをセットして指示通りに作業を進めます。Windows 7 をインストールの際に、ハードディスクをフォーマットするので、必要なデータがある場合は、事前にバックアップをとっておきましょう。

7台分なので、流れ作業。全てのDVDをセットして起動させ、同じ動作を繰り返し。「次へ」「次へ」「次へ」・・・。

インストール完了後、インターネットの設定。有線LANでの接続ではなく、全て無線LAN。

BUFFALO 無線LAN子機を接続しても自動認識してくれませんので、必要なドライバを事前にダウンロードしておきます。ここでも同じ事の繰り返し・・・。

インターネットに接続できたら、Windows認証済ませます。認証が通ったら、Windowsのアップデート。必要なアプリケーションをインストールと設定。動作確認を済ませて、作業完了です。

おわりに

アップグレード、クリーンインストールする前に、PCの性能を確認しておきましょう。特に、CPUやメモリは要チェックです。古いPCになると、64bit非対応のCPUが搭載していることもあります。

長年使用されたPCだと、ハードディスクが劣化している場合もあります。アップグレード、クリーンインストールの際に、一緒に交換するのもいいと思います。