Windows Server 2012へHyper-V構築とWindows 8.1インストール。

Windows Server 2012へHyper-V構築とWindows 8.1インストール。

広島市西区へ訪問サポート。

作業内容

今回は、別のサポート会社さんから依頼を受けて、Windows Server 2012へHyper-Vを構築してWindows 8.1のインストール。その他にネットワーク設定とPCの設置。

Hyper-V構築と準備

Windows Server 2012へHyper-V構築とWindows 8.1インストール。

Hyper-Vの機能を有効にするには、プログラムと機能から「Windowsの機能の有効化または無効化」→「Hyper-V」にチェックを付けてインストール。

再起動後は、「管理ツール」ないにHyper-Vの管理が追加されます。これで仮想環境を構築する準備ができました。あとは、管理画面を起動させてハードウェアの構成。

構成が終わったら、光学ドライブへWindows 8.1をセットしてインストール。手順通りに進めていきます。

Windows Server 2012へHyper-V構築とWindows 8.1インストール。

 

物理ドライブからのインストールなので、少し時間がかかります。ISOからのインストールであれば、早く終わるはず。作成してからインストールすればよかったと、途中で気が付きました・・・。

仮想環境 Windows 8.1

Windows Server 2012へHyper-V構築とWindows 8.1インストール。

Windows 8.1のインストールが終わり、無事起動したところでWindows Updateを実行。最新の状態にします。これがまた時間かかるんですよね~・・・。

リモートデスクトップ

仮想環境にインストールしたWindows 8.1 は海外からリモートデスクトップをする為に構築。

ローカル環境からの接続と外部からの接続をテスト。動作は良好。ただし、外部からの接続だとそれなりに回線スピードが必要になるので、不安定になる場合もあります。

おわりに

Windows Server 2012へHyper-V構築とWindows 8.1インストール。

Windows Server以外に、PC9台の設置のお手伝いとネットワーク回りの設定をしました。

いつもは一人で仕事をしているので、今回の様に別のサポート会社さんと一緒に仕事をするのは、とても刺激になりましたし楽しかったです。一人じゃないのがミソ!さみしくない(笑)