Synology DS920+ Exment Webデータベース構築

目次

Exment Webデータベース

Synology DS920+に、Exment Webデータベースを構築していきます。事前に、Exmentに必要な「PHP Composer」をインストールしておく必要があります。その他に、WebサーバーやMariaDBなども必要になります。

PHP Composer

PHP Composerのインストール方法をご確認下さい。

あわせて読みたい
Synology DS920+へ、PHP Composerをインストール。 【PHP Composer】 オープンソースWebデータベース「Exment」をDS920+で構築しようと思い、Exment公式のサーバー設定を確認すると「PHP Composer」が必要。Webサーバーや...

各種アプリケーションの準備

  • Web Station
  • Apache HTTP Server 2.4
  • MariaDB 10
  • phpMyAdmin
  • PHP7.4(phpMyAdminを使用するのに必要)
  • PHP8.0

DSMのパッケージセンターからインストールします。

phpmyadminは作業完了後に無効化しておく。必要な時だけ有効にすればいい。WebStation内で切り替えが可能です。

Exment 本体プログラム準備

上記、Exment公式サイトへアクセス。「zip ダウンロード・展開」の近くに「Exment zipファイル」へのリンクがあります。

ダウンロードした「exment.zip」をDSMのWebフォルダーに保存します。zipファイルの解凍は、DSMの「File Station」から行うこともできます。

Exment zipファイル

Exment用 PHP設定

Exment用のPHPを準備します。「Web Station」→「スクリプト言語の設定」→「作成」

synology PHPプロファイルを作成
  • プロファイル名:exment (任意)
  • 説明:exment (任意)
  • PHP バージョン:PHP8.0
  • PHP キャッシュを有効にする:有効

次に「拡張」タブで必要な拡張機能を選択します。

  • curl
  • ftp (バックアップデータをFTPへアップロードする際に必要)
  • gd
  • openssl
  • pdo_mysql
  • phar
  • sodium
  • zip

その他に必要な拡張機能があれば選択してください。面倒であれば、全選択してください。

次に、「コア」タブでPHPの調整を行います。

公式サイトの推奨値で設定します。

  • memory_limit = 512M
  • max_input_vars = 3000

この2つのみ変更。その他はデフォルトで公式推奨値になっています。

phpmyadmin

MariDBにExment用のデータベースを作成します。

WebStation phpmyadmin リンク

phpmyadminの右横の、青色のアイコンをクリック。

または、http://DSMのIPアドレス/phpmyadminでもアクセスできます。

phpmyadmin

ユーザー名にroot。パスワードはMariaDBをインストールした際に設定したパスワードを入力。

新規作成

  • データベース名:exment_database
  • ユーザー名:exment_user
  • ホスト名:localhost

Webサーバー設定

ローカルネットワーク仕様で進めていきます。「Web Station」→「Web サービス ポータル」→「作成」→「仮想ホスト」

WebStation ポートベース

ポータル タイプを「名前ベース」から「ポートベース」に変更。ポートは「HTTP」にチェックを入れて、今回は、ポート番号「11080」を指定。ここは、お好みで変更してください。

WebStation 仮想ホスト

ドキュメントルートはExmentのpublicフォルダになります。HTTP バックエンドサーバーはApache HTTP Server2.4を選択。スクリプト言語の設定は、Exment用に作成したPHP8.0を選択。

パーミッション設定

SSHでの変更。または、DSMのタスクスケジューラーからも変更できます。

Synology タスクスケジューラー
  • タスク:exment chmod chown (お好みで)
  • ユーザー:root
  • 有効のチェックを外す
Synology タスクスケジューラー

次の日に実行を選択。

Synology タスクスケジューラー

ユーザー指定のスクリプト

chmod 0775 /volume1/web/exment
chown -R http:http /volume1/web/exment

/volume1/ の部分は環境に合わせて設定してください。

出来上がったタスクを実行していただければ、パーミッションを変更してくれます。

Exment インストール

アドレス:http://DSMのIPアドレス:指定したポート番号/admin
例) http://192.168.1.xxx:11080/admin

Exment

データベース設定

Exment データベース設定
  • データベース種類:MariaDB
  • ホスト:127.0.0.1
  • ポート番号:3306
  • データベース:exment_database
  • ユーザー名:exment_user
  • パスワード:exment_userのパスワード

データベースに接続できませんでした。

Exment データベースエラー

設定内容に誤りが無いのに、データベースに接続できませんでした。と表示される場合は、MariaDBの設定を確認。

Synology Mariadb TCP/IP

TCP/IP接続を有効にする。にチェックを入れることで解決です。

システム要件の確認

Exment システム要件

その他設定・初期データベースインストール

Exment データベースインストール

Exment初期設定

Exment 初期設定

ダッシュボード

Exment ダッシュボード

Exment アップデート

推奨方法でアップデートを行います。

SSHでSynologyへアクセス。Exmentを配置した場所へ移動します。

cd /volume1/web/exment
sudo wget https://exment.net/downloads/cmd/ExmentUpdateLinux.sh
sudo chmod 775 ExmentUpdateLinux.sh
sudo chown http:http ExmentUpdateLinux.sh

ExmentUpdateLinux.shを編集します。

#nano エディタの場合
sudo nano ExmentUpdateLinux.sh
#vi エディタの場合
sudo vi ExmentUpdateLinux.sh
#!/bin/sh
###v1.2.0


##### ---------Change Variables---------
# Please set composer path. Need to call from cron.
composer_path=''


##### ---------Logic Start---------
if [ -n "$composer_path" ]; then
composer=$composer_path
else
composer='composer'
fi


echo ---------Start Exment Update---------
echo Execute Backup
#php artisan exment:backup
php80 artisan exment:backup

echo Update Package
$composer update

echo Execute Update
sleep 2
#php artisan exment:update
php80 artisan exment:update

echo Finish Update!
sleep 5

phpの部分を、php80に変更。変更箇所は2か所です。編集が終わったら保存。

アップデート実行

sudo -u http sh ExmentUpdateLinux.sh

以上で、Exment構築作業は終わりです。定期的にバックアップする場合は、公式にタスク設定方法が記載されています。

Exment

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次