USBメモリ 8GB 「フォーマットしますか?」 データ救出。

     

USBメモリ 8GB 「フォーマットしますか?」 データ救出。

広島市西区へ訪問サポート。

トラブルと作業内容

USBメモリ 8GBをパソコンに接続すると、「フォーマットしますか?」とポップアップ表示され、USBメモリにアクセスできない。データの取り出しが可能か診断と、可能であれば全てのデータを救出。

USBメモリ診断

パソコンがUSBメモリを認識してくれるかどうかが大切。もし、マイコンピュータなどで表示されない場合でも、「ディスクの管理」で表示されていればセーフの場合もあります。

また、その逆もあります。認識していても、アクセス事態ができない場合もあります。この場合は当社では修復不可。あくまでも、認識してUSBメモリへアクセスできる状態に限ります。

今回は、しっかりと認識してくれているので、診断可能。データの取り出しも可能かもしれません。「フォーマットしますか?」と聞かれても、取り合えずキャンセル。もし、フォーマットしてしまうとデータ取り出しが困難。復元できたとしても積み上げられたブロックの一部が欠落してしまい、破損状態。

あと、読み取れないからと言って、色々なパソコンに接続するのもNG。データが破損する可能性がありますので、そっとしておいてください。

USBメモリ修復

診断結果は、パーテーション情報が格納されているセクタ破損。一致していませんでしたので、破損している情報を書き換え。

修復前に、USBメモリ内のデータを確認する事ができませんでしたが、修復後は確認可能!データの取り出しも可能。

データ取り出し

USBメモリ 8GB 「フォーマットしますか?」 データ救出。

8GBの半分以上を使用されていましたので、取り出すのに時間がかかりましたが、救出できました。9割正常。一部のデータは破損していました。

全部を救出できませんでしたが、お客様はこれだけあれば大丈夫と安心されていました。

断然、「修復できませんでした」と言われるより「全部じゃありませんが修復できました」の方がいいですよね。

おわりに

バックアップに便利なUSBメモリ。しかし、突然トラブルがやってきます。本当に大切なデータは、USBメモリ以外にも保存しておきましょう。

または、クラウドを使用するのもいいと思います。例えば、自宅から職場へデータの持ち運びをする場合、USBメモリをもし落としてしまったら・・・。大変ですよね。

インターネット環境があり、データの容量が少ない場合はクラウドがお奨めです。