ASUS Eee Pad Transformer TF101 日本版 8.6.5.21 Root化。ICS 4.0.3 インストール

     

ASUS Eee Pad Transformer TF101 日本版 8.6.5.21 Root化

なかなかやる気にならなかったのですが、ASUS Eee Pad Transformer TF101をRoot化とICS 4.0.3 インストールしてみました。

ワンクリックrootできるアプリもあるようですが、ビルド番号8.6.5.21では出来ないようで、他を探し見つけました。

ドライバ類は全てインストール済み前提で進めていきます。

準備する物は、下記の2つです。

  • nachoroot.bin
  • su

準備ができたら、下記スクリプトを実行するだけ!

install.bat

install2.bat

install3.bat

テキストエディタなどで作成し、保存が終わったら拡張子をbatに書き換え。

install.batとinstall3.batでnachoroot.binとsuコピーするようになっているのですが、保存している場所を追記して下さい。

例えば、D:¥root¥内にnachoroot.binとsuを保存した場合。

install.bat

install3.bat

こんな感じになります。

では、設定→アプリケーション→開発→USBデバッグをONにしてからinstall.bat~install3.batまでを順番通りに実行。

install.bat→再起動 install2.bat→再起動 install3.bat→再起動 計3回再起動。

install3.batを実行し、再起動が終わったらマーケットかSuperUserインストールすれば完了です。試しに、Titanium Backupをダウンロードして実行してみて下さい。正常に動作すると思います。

ICS ROMをインストールする前に、ClockWorkMod Recoveryをマーケットからインストールしておきます。

[ROM] ICS – CWM flashable

上記サイトからROMをダウンロード。FULLバージョンをインストールしてみました。

ROMをTF101に保存してシャットダウン。電源とボリュームキーの「-」を押しながら起動。「-」を離して「+」を押せば、Recoveryモードになります。

dataをwipeしてから、ICS ROMをインストール。あとはセットアップを済ませればICSインストール完了です。日本語選択可能です。

ASUS Eee Pad Transformer TF101 日本版 8.6.5.21 Root化。ICSインストール

あとはTitanium Backupでアプリケーションを元通りに!

どうしても気になったのがフォント。中華フォントで気持ち悪いので変更。

お気に入りのフォントを/system/fontsにDroidSansJapanese.ttfをコピー。

これでは、変更されないのでもう一つ作業をします。

/system/etc/fallback_fonts.xmlを編集します。一番最後に追記しても変化がありませんので、DroidSansGeorgian.ttfの前に追記します。

デフォルトはこうなっています。これを下記の様に変更。

元の場所に上書き保存して、再起動してみて下さい。フォントが変わっていると思います。

お試しあれ~♪