Windows7バックアップと復元ツールを使って、定期的にファイルのバックアップ。

     

こんばんは。

本日は、Windows7に標準で装備されている、バックアップと復元ツールを使って、定期的にファイルをバックアップする為の手順を記事にしたいと思います。

大切なファイルは、定期的にバックアップしておきましょう。何時ハードディスクが壊れて、使用できなくなるか解りませんから。

まず最初に、外付けハードディスクかUSBメモリがあるといいですね。

Windows7バックアップと復元

では、スタートから「メンテナンス」→「バックアップと復元」をクリック。起動したら、右上の「バックアップの設定」をクリックします。

Windows7バックアップと復元

バックアップ先をクリックして、「次へ」をクリックします。私の場合は、自宅サーバーにバックアップデータを送る為に、「ネットワーク保存」をクリック。

Windows7バックアップと復元

「参照」をクリックして、保存先を選択。ログインにパスワードが必要な場合は、ユーザー名とパスワードを入力します。

Windows7バックアップと復元

登録したネットワークフォルダが表示されますので、選択して次へをクリックします。

Windows7バックアップと復元

今回は、指定したフォルダをバックアップしますので、「自分で選択する」をクリックして次へ。

Windows7バックアップと復元

バックアップしておきたいフォルダを選択します。

「次のドライブのシステムイメージを含める」は、必要でしたらチェックして下さい。私は、必要ないのでチェックを外しました。

Windows7バックアップと復元

バックアップを選択したフォルダの一覧が表示されます。間違いがないか確認しましょう。

「スケジュールの変更」で、時間の指定ができます。最後に、「設定を保存して終了」をクリックします。

Windows7バックアップと復元

あとは、バックアップが完了するのを待つだけです。バックアップが終わったら確認の為に、バックアップファイルが作成されているか、チェック!

簡単にできますので、大切なファイルはバックアップしましょう。