[X06HT] Reflex S 2.1.5 Idlescreen_Base.apk 日本語修正。「答え」「同意しない」

Reflex S 2.1.2まで使用したのですが、2.1.3-2.1.4で色々と問題があった為、Cool-AceS-v7に浮気してました・・・(;´д⊂) が!結局「Reflex S」に戻ってしまった・・・。このROMがやっぱり好きなんだな~。

で、前々から気になっていた電話着信の際の、「答え」「同意しない」の日本語をapktoolを使って修正しました。

まずは準備。

apktool ・ WinRAR ・ Reflex S内のapkファイル

/system/framework/framework-res.apk
/system/framework/com.htc.resources.apk
/system/Idlescreen_Base.apk

上記3つを、抜き取りapkフォルダに入れておきます。

では、コマンドプロンプトを起動させましょう。

C:¥apk›apktool if framework-res.apk

C:¥apk›apktool if com.htc.resources.apk

C:¥apk›apktool d Idlescreen_Base.apk

これで「Idlescreen_Base.apk」を解体できます。

解体したファイルは、apk→Idlescreen_Base内に作成されています。

日本語ファイルは、Idlescreen_Base→res→values-ja→strings.xml

<string name="lockscreen_incomingcall_answer">応答</string>
<string name="lockscreen_incomingcall_decline">同意しない</string>

デフォルト。

<string name="lockscreen_incomingcall_answer">応答</string>
<string name="lockscreen_incomingcall_decline">拒否</string>

同意しないを拒否に変更。保存して、再ビルド。

コマンドプロンプトから

C:¥apk>apktool b Idlescreen_Base

出来上がりファイルは、Idlescreen_Base→dist→Idlescreen_Base.apk

出来上がったIdlescreen_Base.apkの拡張子をzipに変更し、WinRARを使いresources.arscを抜き取ります。

その他は必要ありません。

抜き取ったresources.arscを、元のIdlescreen_Base.apkに無圧縮で放り込みます。お間違いの無いように!無圧縮ですよ!

ROM焼きする前に、作業した方がいいかな。後楽だし。

[X06HT] Reflex S 2.1.5 Idlescreen_Base.apk 日本語修正。「答え」「同意しない」

ちゃんと反映されます。前に比べていいじゃないですか!

気になる方は、お試しあれ~♪

[X06HT] Reflex S 2.1.5 Idlescreen_Base.apk 日本語修正。「答え」「同意しない」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる