Windows Media Player 11 DRMエラーが出て再生されない。広島市東区のお客様

     

広島市東区のお客様からのご依頼で出張サポート。Windows Media Player11 DRMエラーが出て再生されないとの事。

Windows MediaPlayer エラーが出て再生されない

確認してみると、DRMコンポーネント内で問題が発生しましたと表示される。こんな時には、DRMフォルダ内を削除しましょう。

まず、「コントロールパネル」→「フォルダーオプション」→「表示」→「保護されたオペレーティングシステムを表示しない」のチェックを外して適用させます。

次に、「Document and Settings」→「DRM」と進み、DRMフォルダ内のファイルを全て削除し、リセットさせます。

Windows Media Player 11 DRMエラーが出て再生されない

削除したら、1度パソコンを再起動させます。再起動させておかないと、同じエラーが出てしまうと思います。ですので、念のために再起動する事をオススメします。

起動後、フォルダーオプションの設定を元に戻しておきましょう。

Windows Media Player 11 DRMエラーが出て再生されない

では、エラーが出ていたページを表示させて、Windows Media Playerのコンポーネントをアップグレード。

Windows Media Player 11 DRMエラーが出て再生されない

無事、再生されるようになりました。同じ様なトラブルでお悩みの方、お試しあれ~。